ボクの本棚

影武者徳川家康~隆 慶一郎

隆慶一郎氏との、遅すぎた出会い ボクが隆慶一郎氏の大作「影武者徳川家康」を知ったのは、今から10年以上も前のこと。 職場の同僚が話している内容を耳にし、興味を持ったのでした。 それまで小説といえば、推理小説(宮部みゆきや、東野圭吾、乃南アサ)かSF(小松左京、星新一、筒井康隆)を愛読してきました。時代小説は、昔々読んだ司馬遼太郎ぐらい。 別に毛嫌いしていたのではなく、そこになかったから読まなかった […]