ペットと泊まれる宿がない!(2)

ペットと泊まれる宿がない!(2)

うちでは、いつも、どこに行くときでも、大型犬を連れてのお出かけとなります。

どうしても一緒に行けないとき

ですが、夏場の結婚式や法事(自宅は大阪なんですが、親戚が東京近辺に多くいるために遠出となります^_^;)など、どうしても連れて行けないこともあります。

そんなときは、やむを得ずペットを残してのお出かけとなります。

で、ペットホテルなども今まで何度か検討しましたが、知り合いから評判をきいたりして、結局マッチするところがなく、いつも普段お世話になっているトレーナーの先生に無理を言って預かってもらうことになります。

普段トレーニングをしてもらっていて、うちのワンコも懐いているし、朝晩の散歩もしっかりやってもらえるし、ついでにトレーニングの復習もやってもらえてとても助かっているのです(先生、いつも無理をお願いして申し訳ありませんm(__)m)

通常、ペットホテルだと大型犬の場合、8000円前後で、時間が延長になった場合は、プラス1時間当たり1000円とか取られますが、お世話になっているトレーナーの先生の場合、1泊6000円ぐらいで、1日目の早朝~2日目の夜まで預かってもらっていますから、大助かりです。

なにより、ワンコが安心できるというのがいいですね。

ところで、あるサイトにありました。

ペットホテルを選ぶときに注意したいこと。

事前に直接ペットホテルに出向いて相談してね

かかりつけの動物病院やトリミングショップを選んだ方がいい。

宿泊を受け付けていない場合もあるので、事前に相談しましょう。場合によっては、いいところを紹介してくれることも。

それが無理な場合、ネット検索で近くのペットホテルを探し、電話で問い合わせをして、その時の対応で決めるというのもいいのですが、電話だけで決めるのではなく、事前に直接お店に出向いて、相談したほうがいいでしょう。今は、口コミなど、ネットである程度のことは分かる時代ですが、安易にそれに頼らず、自分の目で確かめてください。

また、預けるペットについて、いろいろ質問してくるペットホテルの方が安心できます。預かる側としても、「どんなコなのか」「きちんとお世話できそうか」など、事前の情報を得たうえでないと安心できないものです。まったく何も質問してこない場合、大丈夫かと疑ってかかってもいいぐらいです。

預かり必要条件に「ワクチン接種」があるかは重要なポイント

ワクチン接種を預かり必要条件にしていないペットホテルでは、どんなコでも預かってしまうので、他のペットからの病気感染の危険性があります。個人経営の小さいドッグランでさえ、きちんとしているところはワクチン接種を確認しますからね。なので、その条件がないという場合、預けるのはかなり不安ですよね。

車はやはりSUV

大型のワンコの場合、車のサイズは重要です。

ミニバンか大きめサイズのSUVが必要になってきます。なぜかって、いつでも車中泊に使えるから。しかも、遠出した場合、乗員もワンコも快適に過ごせるからです。

さらに、雪道でも安心して走れるように4WDは必須

なんですが、問題は駐車場。いえいえ、出先の駐車場ではなく、自宅駐車場。

もちろん、出先が都会の真ん中で、立体駐車場しかないという状況も困るのですが、その前に自宅駐車場に大問題が。

というのは、うちの自宅駐車場、庭の下にありまして(家と庭が一段高くなっている式)、高さ制限があります。

最大高172cm。

この高さ、通常のミニバンは入りません^_^;

トヨタのノアやヴォクシー、日産セレナなど売れ筋の価格も手ごろな車はどれも車高180cm以上。

さらに、うちの奥方がこのタイプの車が嫌いと来たので、却下。(これが一番の理由なんです^_^;)

そこで、それなりに室内も広く、4WDでとなると、SUVという選択肢になる。

日産エクストレイルや、ホンダCR-V、トヨタハリアー、マツダCX-5、スバルフォレスターなどなど。

ちなみに日産エクストレイルの車高は、20X エマージェンシーブレーキパッケージで1715mmっていうから、ギリギリ入る!

今の愛車ホンダCR-Vの古~いのが1705mm。これもギリギリ入っています。

で、そろそろこの老体も限界が近づいてきたようなので、今現在新車検討中!(と言ってももちろん大蔵省と相談してなんですが・・・^_^;)

 

ワンコとお出かけカテゴリの最新記事