燃料電池車 トヨタMIRAIとホンダCLARITY シルエットそっくり!?

燃料電池車 トヨタMIRAIとホンダCLARITY シルエットそっくり!?

どうしてこんなにもそっくりなのか?

トヨタMIRAIとホンダCLARITYのことである。

ホンダがハイブリッドのインサイトを出したときも強く思ったが、

今回も、だ。

まずはトヨタMIRAI

mirai01

そしてホンダCLARITY

clarity01

もちろん細部は大きく異なるから、同じデザインだとか真似しただろとか言うつもりは毛頭ないが、でもシルエットがそっくりだ。

フロントマスクはどうか。

トヨタMIRAIは

mirai02

ホンダCLARITYは

clarity02

こちらは。トヨタはトヨタっぽく、ホンダはホンダっぽくなっている。

MIRAIが丸みを帯びたデザインなのに対して、CLARITYは多少角のある顔つき。

ちょっとロボコップを連想してしまった。

あるいは、初代ターミネーター(ホンダCLARITY)に対する2代目ターミネーター(トヨタMIRAI)という感じか。

MIRAIは7,236,000円(税込)で、1回の水素燃料充てんで650km走る。

今買えば、納車は2019年以降というから驚きです。

一方のホンダCLARITYは7,660,000円(税込)で、1回の水素燃料充てんで750km走る。

後発だけあって、走行距離が増えている。

それだけではなく、室内空間の確保ができたため、MIRAIが定員4名に対して、CLARITYは定員5名。

二酸化炭素を一切出さない、環境に超優しい車という触れ込みの2台ですが、お値段のことを考えると、庶民にはまだまだ高嶺の花ですね。

個人的には、手が届く、届かないという点は横に置いて言うと、いりません。

スタイルが気に入らないこと、室内の使い勝手がよくなさそうなこと。

多少CO2を排出しても、空間に余裕がある、乗って楽しい車を買うね。

夏は海に山に、高原に。多少の坂道はぐいぐい上って、冬は雪山にもどんどん入っていけるような、例えばランドローバーディスカバリーのような車。

値段も同じようなものだしね。(実際には癪に入らない(^-^;)

Land Rover Discovery 4

トヨタカテゴリの最新記事