日産エクストレイルのリアシートがスライド&リクライニング仕様になった

日産エクストレイルのリアシートがスライド&リクライニング仕様になった

日産は、エクストレイルのマイナーチェンジを発表しました。

大きな変更点は以下の通り

 

1 外観は強い自己主張が感じられます

顔つきがはっきり変わった!

最近のニッサン車を特徴づけるVモーションが、はっきりと、しかも大きくなった。

ボクは、車は見た目が80%だと思っているので、見かけの悪い車には絶対乗りたくない。

エクストレイルが今の型にフルモデルチェンジしたとき、見た目が大きく変わったので、かなり驚いた。

驚くと同時に、それまでのスタイルを流麗に変身させた日産に、罵声を浴びせたくなった( ;∀;)

ですが、今までのエクストレイルとは別物の車だとみると、その流麗なスタイリングは決して悪くない。

ただ、フロントマスク(顔立ち)は、少々貧弱な気がして残念だったのです。

もう少し、こう、あの、派手さみたいなもの、自己主張みたいなものが欲しかった。

ですが、今回のマイナーチェンジで、派手なVモーションを与えられ、顔つきに野性味が増した

これは大歓迎です。

2 インテリアの目玉はスライド&リクライニング

一番大きく変わったのは、リアシート!

今までは、3列シート車のみだった「あの機構」が、2列シート車にも採用されました!

なんと、前後に200mmスライドし、しかもリクライニング付き!

セカンド可倒式シート&リヤセンターアームレストスルー

同乗者にも、ゆとりと快適を。セカンド可倒式シート(4:2:4分割、スライド、リクライニング)&リヤセンターアームレストスルー(カップホルダー付)
セカンドシートのリクライニング機能を、従来の3列シート車だけでなく、2列シート車(20X)にも拡大設定。
シートスライドやセンターアームレストスルー(4:2:4分割)と併せ、快適さや使い勝手にこだわりました。
居住性も、積載性もアップ
セカンドシートスライド機能は、シートを後方へ動かすことで、ゆとりの足元スペースが生まれ、チャイルドシートの脱着にも重宝します。シートを前方にスライドさせれば、荷室スペースの拡大も可能に。
センターアームレストスルー機能は、リヤシートに2人乗せた状態でも、長物を積載することができます。

エクストレイルのホームページより

ボクは、今回のマイナーチェンジで、この点が一番気に入りました!

他にも、ステアリング形状が変わったとか、インパネが上質になったとか、いろいろあるのですが・・・

3 その他、実は目玉のプロパイロット

その他扱いで申し訳ないのですが、あのセレナで採用されて話題になったプロパイロットが、オプションとは言え、選択できる!

そして、何と!!!!

価格は破格の14万円!!!!!

この価格で高速道路上での安心、安全と、疲労軽減が買えるのですから、これは選ばない手はない、はっきりそう思いました。

14万円の内訳は、

・ハイビームアシスト+インテリジェント オートライトシステム(20X HYBRID、20X HYBRID エクストリーマーXは標準装備)

・ステアリングスイッチ(ナビ、クルーズコントロール、プロパイロット)

・電動パーキングブレーキ

・オートブレーキホールド

・プロパイロット

・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

・BSW(後側方車両検知警報)

・RCTA(後退時車両検知警報)

これだけの安全装備がわずか14万円で手に入る!

これを選ばないやつはどうかしている!レベルですよね。

ニッサンエクストレイルの新車、見積もりしてもらいませんか?

エクストレイルとトヨタハリアー、スバルフォレスタ―など、複数の車種の無料比較が

ネットで簡単にできちゃいます!

詳しくは

「新車のSUVの見積もりがネットですぐにできるんだ!」

でどうぞ!

ニッサンカテゴリの最新記事