最近の自動運転車に思うこと~本当に全自動の運転は必要?

最近の自動運転車に思うこと~本当に全自動の運転は必要?

自動運転の車がほぼ現実になってきた

技術の進歩はすさまじい。

つい最近、近い将来自動運転が実現するかも・・・なんて聞いていたのですが、それがかなり早い段階で実現するかも。

2020年の東京オリンピックに向けて、完全自動運転のタクシーを整備する、みたいな話が出てきています。

他にも、自動運転の技術、損お他に関するニュースは毎日のように報じられています。

これを書いている日でも

自動運転作動中のテスラ乗用車、観光バスに追突

完全自動運転の元年は“2021年”

駐車場での事故多発は、自動運転車が必要とされる証拠?

【ボッシュADAS】雨でも自動追い越し成功…自動運転車試乗

自動運転の登場で自動車保険に危機

運転手なし自動運転、指定場所なら可 米カリフォルニア

などなど、話題には事欠きません。

話題の日産セレナは「買い」の要素が盛りだくさん

最近、日産から発売になった新型のセレナですが、ひとつの売りが「オートパイロット」機能。

高速道路上で、ドライバーの負担軽減のため、レーンキープ、全車追従、そして渋滞時の一切の操作をドライバーに代わって車がやってくれるという機能です。

ただ、もちろん完全自動運転ではありません。

ドライバーはステアリングから手を放すことはできません。(一定時間以上手を放すと、オートパイロット機能が解除されます。)

ただ、多少緊張状態から解放される(勝手に車が車線を維持し、前に車がいればそれについていく)ので、高速道路上でのんびりできますよ、程度の、しかし、かなり先進的な機能です。

スタイリングもボクの好みだし、居住性の良さや3列目のシートへの乗降のしやすさ、シートアレンジの巧みさなど、オートパイロット以外にもなかなか好感が持てますから、車庫に入るなら検討してもいいか、という仕上がりになっています。

ニッサンセレナの公式ホームページ

書籍も次々出てきています。

とかとか。(すみません、アマゾンへのリンクです)

そしてなんと、アマゾンでは車本体まで扱っている!びっくりです。

だって、アマゾンですよ、通信販売ですよ、すごい時代になったものです。

こちらはセレナの新古車(残念ながら、今回紹介した新型とは違います)

(未使用車)頭金10000支払総額2870900円 H28年式 セレナ ハイウェイスターVセレクション+セーフティIISハイブリッド 走行距離 7km カラー ダイヤモンドブラック(P) 車検 平成31年5月 (270) 両側パワスラ クルコン アラウンドビュー 衝突軽減防止 LEDヘッド インテリキー コーナーセンサー

コスモのマイカーリースでも、この新型セレナが選べます。

でも自動運転はいやだと思う理由

さて、話題の自動運転、これをお読みのみなさんはどう思っていますか。

ボクは、完全自動運転の車ばかりが世に出るのはイヤだなぁ、と思います。

もちろん、自動運転の車が増えるのは歓迎します。

自動運転がいいと思う場面もある

タクシー(乗務員の人には申し訳ないですが)が自動運転になれば、事件が減りそうです。

支払いをカードのみとし、現金を扱わないなら、強盗事件もなくなる。

乗る方も、運転手さんに気を使わなくて済む。

女性が一人で乗っても安心(今でも十分安心なんですが、より一層安心になる)。

高齢者の事故が減る。

ブレーキとアクセルの踏み間違い、けっこう多くの人が経験したことがあるかもしれません。

特に高齢者が運転する車が、このために店舗に突っ込んだり、歩道を歩く人をなぎ倒したりといった事件が多発しています。

運転者が突然倒れても事故にならない。

最近も、どこかの市バスの運転手が、定期バスを運転中に意識を失い、危うく大参事ということがありました。

このときは、大型の免許を持った乗客の機転で難を逃れたようです。

大阪・梅田の繁華街を、運転手が瀕死の状態になったまま車が暴走し、多数の死傷者が出た事故も、未然に防げたでしょう。

でもそれって自動運転でないとダメ?

しかし、です。

今列挙した中で、完全自動運転車でないとダメなのって、タクシーの例ぐらいだと思うのです。

他の事案は、完全自動運転でなくても、例えば、前に人や車などの障害物があれば自動で停止する、アクセルを踏んでも反応しないなどのメカニズムがあれば、事故は未然に防げたでしょう。

完全自動運転は、それが完成し、量産車に積まれるというのはすごいことです。

世界のメーカーがこぞって開発に参入していますから、おそらく数年で、法整備も含め世の中に出回ってくるでしょう。

ですが、ボクは欲しくない。

車って、運転を楽しむためのものだと思っているし、自分の車は自分で転がしたい。

ナビも役立つけど、できるだけ自分の目で標識を見て、地図を見ながら知らない土地を走りたい(いざというときはナビに頼るのだけど)。

そこで、僕がほしい究極のの車

絶妙にアシストしてくれる車。

  • ついうっかり、や、いざというときに緊急でブレーキを作動させてくれる。
  • ブレーキとアクセルを踏み間違えたときに、車がそれを判断し、停まったままにしてくれる。
  • 居眠りをしそうなとき、きちんとレーンキープしたり、前の車に追従してくれる。

そんなアシストを万全にしてくれながら、ドライバーであるボクが運転を楽しめる車。

これが最上です。

ニッサンカテゴリの最新記事