新型マツダCX-5はどこが変わったのか?~1

新型マツダCX-5はどこが変わったのか?~1

初代CX-5は2012年2月に登場した

マツダCX-5と言えば、経営的に窮地に陥っていたマツダが復活を遂げる端緒となる、魂動デザインとクリーンディーゼルエンジンを搭載した最初のモデルです。

発売当初から、専門家の間での評価はすこぶる高く、どの雑誌やネットの記事を見ても、スッキリした洗練されたスタイルだけでなく、クリーンディーゼルの完成度の高さ、運転のしやすさを絶賛する声が圧倒的でした。

特に、このとき初お目見えしたクリーンディーゼルエンジンに対する評価は高く、低回転域からの圧倒的なトルク、力強さ、レスポンスの良さは圧巻で、評論家はこぞってこのエンジンを非常い高く評価しました。

それだけでなく、車の挙動を細かく感知して路面状況に柔軟に対応するAWDのシステムも高評価でした。

その後、その内容は、少しずつイン技術によって改良され、外観も1度だけマイナーチェンジを受けました。

その結果、CX-5はかなり完成度の高い車として存在するに至ったのです。

そのCX-5が2代目に生まれ変わった

初代発表から5年を経て、CX-5は新しく生まれ変わりました。

オートックワンの”マツダ CX-5の新型と旧型を比べてみた”という特集記事では、この新旧のモデルが比較されています。

外観は、大きく変わっていない?

ボクは”車は見た目が80%”ぐらいだと思っているので、デザインを非常に重視します。

前から見ると、こんな感じ。

左が新型、右がマイナーチェンジ後の旧型。

フロントグリルが大きくなり、目元であるヘッドライトもぐっと引き締まった感じです。

ボクとしては、新型の引き締まった感が好きです。

横から見たらこんな感じ。

うえが旧型、下が新型です。

はっきり言って、あまり変わり映えしない。

ま、もともとのデザインが良かったということでしょう。

後ろから見たら・・・

左が新型、右が旧型。

リアコンビネーションランプも引き締まった感があります。

ボクは、実はCX-5のリアスタイル、あまり好きではありません。

コンビネーションランプが左右に離れすぎていて、昔流行った「ダメおやじ」みたいな顔に見えてしまうのです。

少し小ぶりですが、CX-3と比較してみると分かりやすいと思うので、その画像を載せておきます。

リアコンビネーションランプと車体全体のバランスがすごく良い気がします。

CX-5もこれぐらいのバランスになるようにデザインしてほしかった( ;∀;)

 

ま、とにかく、デザインは、見事に旧型を踏襲し、魂動デザインが活かされていると感じました。

ボディサイズは新型の全長が4545mmで、全幅は1840mm。このサイズはほぼ同じで、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)も2700mmだから等しい。全高は新型が1690mmで15mm下がったが大差はない。最小回転半径も5.5mで変わらない。プラットフォームを含めて、先代型を踏襲して開発されている。

新型CX-5が売れに売れている

このCX-5、ただ今絶賛販売中だそうで、

マツダは、2017年2月2日に発売した新型『マツダ CX-5』の累計受注台数が、発売から約1ヶ月が経過した3月5日の時点で1万6639台となったことを発表した。新型「CX-5」の月間販売計画台数は2400台。(carview! 新型「マツダ CX-5」月販目標の7倍の販売台数でスタート

一時、販売台数が伸び悩んで苦戦が報じられていたのですが、この記事を見る限り、販売は好調なようですね。

ボクが好きな自動車メーカーはスバルとマツダなんですが、この2つの会社が元気だと、ボクも元気をもらえます。

CX-5スペック・燃費など

【SKYACTIV-G 2.5】

  • 2.5L 直列4気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力 230ps/5000rpm
  • 最大トルク 43.0kgf.m/2000rpm

【SKYACTIV-G 2.0】

  • 2.0L 直列4気筒DOHCエンジン
  • 最高出力 155ps/6000rpm
  • 最大トルク 20.0kgf.m/4000rpm

【SKYACTIV-D 2.2】

  • 2.2L直列4気筒ディーゼルエンジン
  • 最高出力 175ps/4500rpm
  • 最大トルク42.8kgf.m/2000rpm

もちろんクリーンディーゼルエンジン搭載のSKYACTIV-2.2が一押しなんでしょうが、

実際に街乗りなんかで使う分には、SKYACTIV-G 2.0でも十分だという試乗記もあったりします。

高速道路を使う機械が多かったり、山林を駆け回るという使い方をする人にはクリーンディーゼルを、そこまで出ない人には、ガソリンモデルの2.0で十分満足できるようです。

さすがに、SKYACTIV-G 2.5はパワーがありますが、その分燃費が心配です。

その燃費のデータも掲載しておきます。

2Lガソリンエンジンは、2WDしか選択できませんが、14.8~16.0km/L

2.5Lターボモデルは、4WDで14.6km/L

2.2Lクリーンディーゼルモデルは、17.2~18.0km/L

これを見る限り、2.5Lでもそんなに悪くなさそうです。

 

マツダカテゴリの最新記事